メニュー

頭痛、片頭痛の診断・治療

頭痛、片頭痛日本人の3~4人に1人が頭痛持ちと言われています。

頭痛には、緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛などの頭痛があり、それぞれ症状が異なります。

緊張型頭痛

頭痛の症状を訴える方の多くが緊張性頭痛です。女性の方が男性よりやや多いです。

精神的・身体的ストレスや筋肉の緊張などが複雑に絡み合っておこる頭痛と考えられています。

後頸部からはじめる鈍痛で、肩こりを伴うことが多いのが特徴です。

イブプロフェンなどの NSAIDs、解熱鎮痛薬、抗炎症薬、筋弛緩薬(きんしかんやく)、抗不安薬、抗うつ薬、漢方薬の服用による治療や、ストレッチなどの運動による治療等があります。

片頭痛

男性よりも女性のほうが圧倒的に多い頭痛です。日常生活に影響があり、動くとがんがん響いてつらく寝込んでしまうこともあります。

吐き気がして実際吐いてしまうこともあります。また光、音、においに過敏になることもしられています。

予防薬、鎮痛薬を組み合わせて対処していきます。

群発頭痛

1年から3~4年に数回程度、1か月から数ヶ月に渡る「群発期」に毎日のように決まった時間に発症する場合が多いのが特徴です。眼の奥をえぐられるような痛みを訴える患者さんもいます。男性の方がかなり多いです。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME