メニュー

てんかんの診断・治療

てんかんは脳の病気で、大脳の神経細胞が過剰に興奮して、脳の発作が繰り返し起こる病気です。年齢を問わず起こります。

発作は突然おこり、けいれん等の症状として現れます。発作は一瞬で収まるものから、中には数十分ほど続く場合があります。発作中は、記憶がありません。原因不明のものが多いですが、頭部外傷、脳梗塞、脳出血、脳腫瘍といった脳の構造的な異常や感染や免疫の異常、または代謝の異常が原因であると考えられています。発作を予防することにより社会生活を送っていきます。

基本的には投薬によって、発作を抑える治療をします。また、難治性のてんかんについては、外科的な手術をする場合もあります。当院では、外科的治療はできないため、紹介させていただきます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME